読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

システムドライブをX25-M 120GBに換装してみた。

ST315003 41AS INTEL SS DSA2M120G2GC
ST315003 41AS @64k*1INTEL SS DSA2M120G2GC

HDDの定期メンテナンス時期が来たので、安くなったSSDに交換してみたよ。さすがランダム速いナー。Microsoft謹製のWinPE 3.0 + ImageX(無料♪)を事前に用意しておくと、バックアップ + リストア + boot修復合わせて30分程度でした。

使うもの: Download: Windows® 7 用 Windows® AIK - Microsoft Download Center - Download Details
手順は以下を参照:
改訂 管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールWindows PE 3.0(前編) − @IT
Computerworld - エンタープライズITの総合ニュースサイト
イメージファイルを保持するためのパーティションが一時的に必要です。そんなのヤダって人は他のでやってください。

ImageXコマンドは初期状態のPEには入っていません。"Program Files\Windows AIK\Tools\x86"にあります。USBメモリにPE 3.0を作った後コピーすればOKです。このとき、wimscript.iniも作成しておくと作業時間を短縮できます。 (ImageX 構成ファイルを作成する)

新システム以外を一旦外し、Win7のセットアップDVDで起動して[修復]→[OK]するとMBRやブートセクタが自動修正されます。

Do it yourself!



あ、Intel純正のカンタン移行ツール(Intel® Data Migration Software)も無償で提供されているんですね。使ってませんが何か。。何この無駄なエントリ(笑)


iTunesの認証が自動解除されたけど、認証かけたら「5台中1台」に戻った。やれやれ。

*1:以前のパーティションは64kでフォーマットしちゃったのでw 参考程度に